家と庭の広さのバランスはどう取れば良いの?

土地と建物のバランス

注文住宅を建築する場合には、庭付き一戸建てにあこがれる人が多いです。庭付き一戸建ては一戸建て住宅の理想ですので、あこがれるのは分かります。全く余裕がない土地に無理矢理3階建ての一戸建て住宅を建てるよりも、少しは余裕がある土地に一戸建て住宅を建てた方が結果的には満足ができる住宅になるのではないでしょうか。そこで、一戸建て住宅を建築する場合には、庭と建物のバランスが大事になりますが、どのくらいでバランスをとるかは、そこの住人の考え方次第と言うことになります。
庭が広ければ広い方がいいのですが、その分土地代がかかってしまいますし、管理が大変になってしまいます。ですので、一概にバランスがどれくらいがいいと断定できる物ではありません。

住んでいる人が何を重視するか

元々、土地が狭い場合には、庭を期待するべくもなく、どこに車を駐車できるようにするかを第一に考えなければなりません。もし、ある程度土地が自由にとれるようであれば、庭を作ってみるのもいいかもしれませんが、庭はそれなりにお金がかかります。お金がかかるからと土のままにしておくと、4月ごろから徐々に雑草が生えてきて大変なことになるでしょう。もし、そのような場合には、庭をコンクリートにしてしまうのが一番安くなります。
芝生を生やす場合には、それほどお金はかかりません。業者に頼んでも1平方メートルあたり5000円ぐらいでできます。下手にコンクリやタイルにするよりも安くなります。ただ、その分管理が大変です。ですので、庭にこだわりがなければ庭は狭くした方がいいでしょう。

© Copyright Real Estate Terms. All Rights Reserved.